肌に透明感を出す小麦粉を使った小麦粉パック

普段の料理にも大活躍をする小麦には、肌を白く美しくする効果があります。
パンを焼いたりホットケーキを作ったり、てんぷらやお好み焼きの生地に使うなど、美味しさを助けるだけではなく、白い素肌を叶えるためにも利用できるのであれば、小麦粉をケアに使わない手はありません。
医薬品ではないため、小麦粉パックは1回で、肌が真っ白になることはないです。
小麦粉の持つ成分が肌を白くするためにも、1ヵ月は継続的に小麦粉パックを実践します。
作り置きはできないので、毎回作っては使い切る形になりますが、1回分は少量ですから、慣れれば手間なくパックを作ることができますし、簡単なパック方法です。
小麦粉を大さじに1杯とり、容器にいれたらぬるま湯を加えて溶かします。
顔にのせるため、塗った時に流れて落ちないようにに、少しだけ固めにするのがコツです。
目元と口元は避けて、洗顔後に顔全体へと小麦粉パックを塗布します。
3分経過したら洗い流して、小麦粉が生え際にも残らないようにしてすすいだら、化粧水で肌を整える基礎化粧品でのケアをすることです。