ニキビ肌改善のために酢酸が効果的に働くお酢パック

ニキビ肌を解消させるためにも良いのがお酢であり、お酢の力は皮膚の栄養と水分を増やすことからも、ニキビ改善に役立ちます。
そのままだとお酢はとても酸が強いため、お酢パックとして使う際には必ず薄めて使うのがコツです。
肌状態を確認して、ニキビがあまりにもひどくて痛みが強い時には、お酢パックは控えるようにします。
お酢パックの作り方は、小さな器に大さじ1杯のお酢を入れて、ぬるま湯をお酢の3倍の割合で薄めて完成です。
コットンにお酢水を染み込ませたら、ニキビのある肌にのせて5分ほど時間を置きます。
時間が経過したらコットンを外して、水で洗い流せば完了です。
お酢はそのままだとかなり強いので水で薄めますが、肌質的に敏感肌の場合は、酸の強さが肌の刺激になることもあります。
肌にお酢を使うことで肌が柔らかくなるのは、お酢に含まれている核酸が働くためです。
タンパク質に対して細かい繊維を分断する加水分解の働きがあるため、表皮や毛穴の不要なたんぱく質汚れが柔軟になり、皮膚サイクルも順調に変わります。